This part is the corner for my sister, Takabe Junko (高部遵子). She is free-writer and flower arrangement artist.
This page is devoted to the introduction of her articles of the flower arrangement. Hope you enjoy this corner.


ようこそ、「高部の花辺」へ。フリーライター高部遵子のページです。



   


  ■母との19年、23年、そして23年 
   11.【別編】新春花特集だよ! 【2017年1月】

■今月の花■ 

■New Year Greeting Card ■
 1990〜1999  2000〜2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017

 
■かさねの色目の花あそび■
 

■プリザーブドフラワー作品集 Preserved Flowers■   新作アップ
■Flowers Gallery■  
■花幻想■ 
■歴史・物語に見るあんな人こんな人■  




■コラム(「Ms.高部の大阪からこんにちは」から)■

熊本県の文化催事などについて発信するサイト「熊本くまもと文化の風で、「Ms.高部の大阪からこんにちは」と題し、
青春時代を過ごした熊本に思いを馳せながら、今住む関西と熊本に関連する文化、歴史の接点をつれづれに綴っています

そこから、いくつかを、こちらにも。
【遥かなるスティーブ・ジョブズ】  【3.11以降】  
【ある碑(余話)--私の中のマイケル・ジャクソン--】  
【一本の木】  【学校】  【豆腐】  【適塾】


■作詞アンソロジー■

若いころ、ちょこっと作詞でも、と思い書いていました。
メロディーにうまく乗るかどうかわからないまま、語数を考え、リフレインのフレーズを考えるなど、
規則性をもって言葉を組み立てていくのが面白くて。なんだか少し面映ゆいものばかりですが…。

【人と地球の讃美歌(たたえうた)】   【心と言葉の遊戯歌(あそびうた)】   【愛と青春の想念歌(おもいうた)



■言葉あそび■

これも昔のことです。ある画廊で仲間とグループ展を開催していました。
アマチュアによるアート。そのうち数名のプロの方も参加されるようになり、芸術なのか、芸事なのか、遊びなのか。
毎回、テーマを決めてそれぞれの流儀でそれぞれの持ち味の表現をしていました。
私の作品は、言葉あそびをベースにしたつたないお絵かきなど。
作品自体はもう残っていませんが、その一部を記録と記憶をたどって再現してみましょう。(一部、準備中)
【扉十態(言葉あそびしま唱歌)】   【誰かさんの気の戯れ】   【マウスコレクション】    【ダイスシリーズ6作品】


Takabe の Hanabe  Mail