Welcome to Web-site of Prof. H.Takabe (Aki)
高部英明のページ
◆高部英明のFacebookページ   ~2015.12    2015.12~
◆「朝日新聞WEBRONZA」の「科学・環境」部門に寄稿しています(2015年7月~)。


      

Ikebana photo gallery「高部の花辺」はここから

I welcome your visit to my home page.
The left Chinese five characters mean
“Do not forget your fresh mind you embraced
when you began something”.
This hand-written is by my mother
when I became a research associate of Osaka University
at the age before 30.
This is always in front of me in my office
and the color of the seat is already turned brown
by Sun light over 20 years.
The subjects I research have changed gradually
and sometime dramatically.
I, however, never forget about my interest
in knowing the role of the nature controlling our world.
These five characters
always remind me of why I became a scientist
and how I was enthusiastic
when I learned something new in my life.
The change of the direction of research
or subject means the growth
and maturity of a scientist
and does not conflict with this word.
I always keep this word in mind to have the curiosity
to any thing in my life
as a freshman has in entering University.
I hope you enjoy my world in this home-page.
Feel free to give me any comment on the site.
■大学人35年を振り返り、未来を考える(2015年8月5日)
●当日配布したアウトラインに追記  8月7日稿
●提示スライドを分割掲載(全130頁)
   
第1部(PDF3.86MB)  第2部(PDF4.54MB)  第3部(PDF3.43MB)

■大学進化論と研究者進化論
   (2015年7月2日「生命機能数理モデル検討会」の番外講演より)
生命機能数理モデル検討会の番外編として、若手研究者のご要望により講演しました。

■阪大国際化への5つの課題
   (2015年6月26日「高部先生を囲む会と討論会」より)
阪大で国際交流を推進している有志の方々が開催してくださいました。星野副学長も参加。5つの課題を提示し、それぞれの解決案を含め50枚ほどを1時間かけて講演。その後、幹事の金澤教授司会で1時間、具体的な行動計画に関する議論をしました。

■早期退職とドイツ・ヘルムホルツ研究機構再就職の挨拶
   (2015 年5 月に知り合いに出した挨拶文のコピーより)
高部は9 月末で早期退職し、ドイツのドレスデンにあるHelmholtz 研究機構に再就職します。この4 月に国際会議でドレスデンに出かけた際、4 月22 日に研究機構で最終的な契約書にサインしました。有休を消化し、8 月22 日にはドイツ入りの予定です。

※その他、海外に関するコンテンツをご覧になる方は、
ここ
をクリックしてください。
上の「海外印象記」のボタンからもアクセスできます。

大阪大学レーザーエネルギー学研究センター
Institute of Laser Engineering, Osaka University


Takabe, Hideaki
 Institute of Laser Engineering, Osaka University
2-6 Yamada-oka, Suita, Osaka 565-0871 Japan


© 2005 Takabe, Hideaki (Aki). All rights reserved